LINE公式アカウントの便利機能8選|ビジネスを加速させる無料ツールの活用法

LINEは日本で最も普及しているメッセージアプリの1つですが、ビジネスツールとしても非常に強力です。

特に、LINE公式アカウントには、企業やブランドがお客様とのコミュニケーションを効果的に行うための様々な便利機能が用意されています。

今回は、そんなLINE公式アカウントの便利機能8つをご紹介します。これらの機能を上手に活用することで、お客様とのコミュニケーションを楽しみながら、ビジネスの成長を加速させることができるでしょう。

目次

LINE公式アカウントの便利機能8選

1.応答メッセージ

1つ目は応答メッセージです。

応答メッセージとは、お友達からチャットで特定のキーワードが送られてきた時に、自動で返信するメッセージのことです。

この機能は、特典の受け取りやよくある質問への対応に最適です。例えば、「クーポン」というキーワードに対して自動的に最新のクーポン情報を送信したり、「営業時間」に対して店舗の営業時間を返信したりすることができます。

これにより、24時間365日、迅速な対応が可能になり、満足度の向上につながります。また、運営側の手間も大幅に削減できるため、効率的な顧客サービスの提供が可能になります。

2.カードタイプメッセージ

カードタイプメッセージは、複数枚のカードをカルーセル形式で配信できる機能です。各カードには画像、タイトル、説明文、ボタンなどを設定することができ、視覚的に魅力的なメッセージを作成できます。

この機能は、新商品の紹介やイベントの告知、複数の特典オプションの提示などに非常に効果的です。

ユーザーは左右にスワイプしてカードを切り替えることができるため、多くの情報を一度に伝えることができます。また、各カードにボタンを設置することで、ウェブサイトへの誘導やアクションの促進も容易になります。

3.リッチメニュー

リッチメニューは、トーク画面下部に固定で表示されるメニュー機能のことです。

この機能を活用することで、自分のことやサービスの重要な情報をお客様が簡単にアクセスできるようになります。

例えば、「商品カタログ」「お問い合わせ」「店舗情報」などのボタンを配置することで、ユーザーは必要な情報にワンタップでアクセスできます。また、季節やキャンペーンに合わせてデザインを変更することも可能です。

リッチメニューは常に表示されているため、ユーザーの目に触れる機会が多く、重要な情報やアクションを促すのに最適な機能と言えるでしょう。

4.ショップカード

ショップカードは、来店や商品購入の特典としてポイントを付与し、LINE公式アカウント上で管理できる機能です。

従来の紙のポイントカードをデジタル化することで、顧客の利便性を高めると同時に、店舗側の管理コストを削減することができます。

この機能は特に実店舗を持つビジネスにおすすめです。

顧客はスマートフォン1つでポイントを貯めることができ、貯まったポイントは簡単に特典と交換できます。これにより、顧客のリピート率を上げ、長期的な関係構築に役立ちます。

5.抽選機能

抽選機能は、クーポンから作成できる機能で、当選確率を設定することが可能です。

この機能を使えば、ゲーム感覚で楽しめるキャンペーンを実施することができます。

例えば、「今すぐ抽選!」というボタンを押すと、その場で結果が分かるインスタント抽選や、期間を設けて応募を受け付け、後日当選者を発表する形式の抽選など、様々な形式のキャンペーンを実施できます。これにより、顧客の興味を引き、反応率を高めることができます。

ただし、この機能はお友達が100人以上いる公式アカウントでのみ利用可能なため、まずは友だち数を増やすことが重要です。

6.セグメント配信

セグメント配信は、年齢や性別、お友達になってからの期間などで、メッセージを送る相手を選べる機能です。

例えば、20代の女性だけに若者向け商品のお知らせを送ったり、長くお付き合いのあるお客様だけに特別なクーポンを送ったりできます。

お客様一人一人に合った情報を届けられるので、喜んでもらえる可能性が高くなりますね。お友達期間、性別、年齢などの属性で絞り込んでメッセージを配信できる機能です。

また、セグメント配信を活用することで、不要なメッセージ配信を減らすことができるため、配信数の節約にもなります。

7.タグ付け配信

タグ付け配信は、セグメント配信とは異なり、運営側が自由にグループ分けできる機能です。

ユーザーの興味や行動に基づいてタグを付け、そのタグごとに適切な情報を配信することができます。

例えば、「美容に興味がある」「スポーツが好き」「子育て中」などのタグを設定し、それぞれのタグが付いたユーザーに関連性の高い情報を届けることができます。これにより、ユーザーの興味に合った情報だけを届けることができ、より効果的なコミュニケーションが可能になります。

8.ステップ配信

ステップ配信は、あらかじめ準備しておいた配信内容を、設定した条件に合うお友達に自動で配信してくれる機能です。

この機能を使うことで、ユーザーの行動や時間経過に応じて、適切なタイミングで最適なメッセージを送ることができます。

例えば、新規登録者に対して、1日目に歓迎メッセージ、3日目に使い方ガイド、7日目に特別クーポンを送るといったシナリオを組むことができます。これにより、ユーザーとの関係性を段階的に構築し、離脱を防ぐと同時に、ロイヤルカスタマーへと育てていくことができます。

ただし、ステップ配信もメッセージ配信と同様に通数が加算されるので、配信頻度には注意が必要です”

便利機能を上手に活用していきましょう

これらの8つの機能は、すべて無料で利用できるLINE公式アカウントの便利な機能です。

各機能には特徴があり、ビジネスの目的や顧客とのコミュニケーション戦略に合わせて、適切に選択し活用することが重要です。

例えば、実店舗を持つビジネスならショップカードを、商品ラインナップが豊富な場合はカードタイプメッセージを、顧客育成に力を入れたい場合はステップ配信を重点的に活用するといった具合です。

これらの機能を上手に組み合わせることで、顧客とのコミュニケーションを強化し、ビジネスの成長を加速させることができるでしょう。ぜひ、自社のビジネスに合った機能を見つけ、積極的に活用してみてください。

LINEを通じた顧客とのつながりが、新たなビジネスチャンスを生み出すかもしれません。

目次